Muranaga's Golf

46歳で始めたゴルフ。シニアゴルファーが上達をめざして苦労する日々をつづります

空いていて美味しい店「マキノ洋食亭」(Bistoro de Makino)

雪の降る金曜日に銀座でビジネス・ランチ。有楽町イトシアの別館イトシア プラザの4階にあるイタリアン、トラットリア・コルティブォーノ(Trattoria Coltibuono)は、空いているのがよい。ジローレストランシステムの系列である。混雑する都会のエアーポケットのような場所にある。

そして翌土曜日。午後から出勤だが、息子にボウリングの相手をせがまれ、センター北の「あいたい」にある港北とうきゅうボウルにて1ゲームだけ投げる。その後、一人で早めの昼食を「マキノ洋食亭」(Bistro de Makino)(「あいたい」フロアガイド)でとる。ホテルオークラの料理長であった気さくな牧野昭二シェフが作る洋食は、本格的。850円のランチメニューはチキンが柔らかくとても美味しい。ボウリングの後は「ラーメン甲子園」でラーメンを食べるというのが定番だったが、客足が少なくなった「ラーメン甲子園」の一角に出店した「マキノ洋食亭」は隠れた名店である。一度、夜の食事に出かけてみよう。

ちなみに1ゲームだけ投げたボウリングのスコアは 168。小学生の息子も 100 を出すようになりつつある。