Muranaga's Golf

46歳で始めたゴルフ。シニアゴルファーが上達をめざして苦労する日々をつづります

ドライバーが当たらない!腕と身体の動きを一体化する練習

「開眼」したのはその日だけ、一転、ドライバーが全然当たらなくなった。ダウンスイングで叩きに行っている。昔からの僕の悪い癖が、治ったかと思った頃に、また顔を出す。自分では全くその意識はないのだが、端的に言うと、腕、それも肘より先に力が入って、腕と身体の動きがバラバラになっている。下半身先行で切り返した後のダウンスイングでは、上半身と肩・腕が同期して動く感覚が必要である。

この感覚を取り戻すために、下記の練習を行う:

  • タオルを広げて両脇に挟む。
  • タオルを落とさないようにして、PW でハーフショットする。

このショットが「気持ち悪い」と感じるようなら、腕を使い過ぎている。この練習をすることで、腕を使わずに(腕を忘れて)、身体の回転主体で打つ感覚を思い出す。この練習をする時は、いったん、切り返しでの「胸郭の分離」は意識しないようにしている。

トップの位置で止まらずに、動きながら切り返すリズム・テンポを確立しようとしている訳だが、切り返す際に左わき腹を意識すると、うまく行く感じである。本来ならば、左足の踏み込み→左わき腹→左胸郭の順に連動するのがいいと思うが、今の自分の感覚としては、左わき腹主導が合っているようだ。

muranaga-golf.hatenablog.com