Muranaga's Golf

46歳で始めたゴルフ。シニアゴルファーが上達をめざして苦労する日々をつづります

ゴルフスクールで習ってきたことが、「うねりスイング」とつながりつつある

ドロー打ちをめざしているので、ボールは真っ直ぐ、ないしは右に出すことが前提。ボールがつかまらずにプッシュアウトするのは仕方ないとあきらめる。そういう右に一定して出る球筋のゴルフをめざしたいし、練習場ではほぼボールは右に出る。ところがコースでは左に行くミスが連発して、右にも左にも行きそうなドライバーショットに関する「不安」が、頭の中につきまとっている状態である。

どうしたら、ドライバーを安定させられるか?練習場の球筋を見る限り、コーチには「スイングの状態は悪くない」と言われている。しかし「練習場で、一球でもミスが出たら、そのミスは必ずコースでも出る」とも警告されている(そういえば練習場でも、ときどき左に出たり、テンプラになったりする)。だからこそ「練習中に出たミスショットの原因を、自分なりに感じ取るように。今どういうスイングをしたか、なぜ左に出たのかを反芻するように。」と言われている。ミスショットの原因を感じて、フィードバックをかける。これを繰り返すことでミスを減らしていければ、もう少し安定したドライバーショットが打てるようになるのかもしれない。

今の僕のスイングにおいて、ボールが左に出るミスの典型的な要因は二つ考えられる:

  • 切り返しで頭が突っ込むこと:上半身から打ちに行っている
  • 腕を使って振ってしまうこと:ダウンスイングでボールを叩きに行っている

いずれも下半身主導のスイングになっておらず、アウトサイドから入るスイング軌道になってしまう。

muranaga-golf.hatenablog.com

スイングの状態は悪くないせいか、今は新たなテーマに取り組まずに、とにかく「頭を突っ込まないこと」をコーチにはアドバイスされ、練習でもそれにフォーカスしている。コーチと話しながら、気をつけるべきポイントを明確にしていくと…

  • 切り返しの際、頭の位置をキープ
  • そのまま、左サイド・左腰を先に回して、腕・肩を右に置いてくる。腕・肩が勝手に遅れるのに任せる。
  • 腕を意識的に振らなければ、クラブシャフトはインサイドから寝て下りてくる。その極端な例が、池田勇太やマシュー・ウルフのような「右回り」にループするスイング。上からではなく、シャローにヘッドが入る。
  • そうすると球は高く上がる。ドライバーの球が低い時は叩きに行っている証拠。
  • ダウンスイングで腕を速く振ろうとしない。叩かない。シャフトを上から立てて、下ろそうとしない。
  • 上半身と下半身が一体になってまわるのではなく、捻転差を作る。

ん?これって、どこかで聞いたようなお話ではないだろうか?

  • 腰は左に切るが胸は開かない(肩と胸郭を分離)。
  • 右回りにループしながら(パッシブトルク)、シャローにヘッドが入る。

そう、ようやく自分のコーチの教えと、三觜喜一プロの「うねりスイング」とがつながってきたのである。

muranaga-golf.hatenablog.com

ゴルフスクールでは、僕の上達のレベルに合わせて、コーチが随時テーマを与えて、それを一つづつ、時には後戻りしながらクリアしてきた。コーチは僕の習得具合・知識レベルに合わせて、さまざまな言い方でアドバイスをしてくれた。ただ「目標とすべき理想のスイングとは何か?」については、あまり多くを語ってはくれなかった。ゴルフの技術について、言葉で語るのは難しい。コーチの立場にたってみると、コーチの頭の中には「(その生徒の)理想のスイング」があるのかもしれないが、それを言葉で表現するのは難しいことなのかもしれない。彼の頭の中にある理想の姿に向けて、一つ一つテーマを与えて修正を積み重ねていくしか、有効なレッスンのやり方はないのかもしれない。

一方、教わる側の立場にたつと、僕の場合、「あるべき姿」と現状のギャップを認識して、それを解決していくアプローチが好きなので(あるべき姿や目標を先に描くという思考法は、ビジネスマンとして習い性のようなものだ)、「あるべき理想のスイング」がコーチから示されないのは、少々もどかしいところがあった。そこで自分なりに多くの本を読み、目標とすべきスイングの形の一つとして、目をつけたのが三觜喜一プロの「うねりスイング」である。それを頭の中に置きながら、ゴルフスクールのレッスンを受けてきた。ショット練習の合間に、「うねり棒」で素振りをしてみたり、「うねりドリル」で胸郭を分離する動きをリハーサルしたりもしている。今回のコーチとの会話で、自分の参照モデルとして「うねりスイング」を思い描いていたのは、あながち的外れでもなかったのだと認識できた。その意味で、非常に嬉しいレッスン日となった。

muranaga-golf.hatenablog.com

ゴルフは直線運動(スイング)で上手くなる!

ゴルフは直線運動(スイング)で上手くなる!

そう言えばまだ 100 も切れない頃、コーチには「芹澤信雄プロの教えを参考にするといい」と言われたのを今さらながら思い出した。これが「あるべき姿」だったのかもしれない。チーム芹澤の教えは、シンプルだし、今でも参考にしている。

muranaga-golf.hatenablog.com