Muranaga's Golf

46歳でゴルフを始めて10数年。シニアゴルファーが上達をめざして苦労する日々をつづります

雨の中、100 を叩いてがっくり(500C AG)

1ヶ月ぶりのラウンドは友人のホームコースへ。前線が停滞して全国的に大雨。ファイブハンドレッドクラブも 1mm から 2mm の雨。さらにときおり強風も吹いて、激しく降ってきた。

f:id:muranaga:20210813065007j:plain

muranaga-golf.hatenablog.com

久しぶりに雨の中をラウンドしたが、それは言い訳にならない。雨以前に自分の練習不足で、IN:54、OUT:47 と15ラウンドぶりに 100 を叩いてしまった。先月ファイブハンドレッドクラブでは土砂崩れがあったため、14番ロングホールをミドルホールとして、パー71で運営しているので、30オーバー、パー72に換算すると 102 というスコアを叩いたことになる(下のスコアカードの通り)。

f:id:muranaga:20210816162946j:plain

IN の大叩きは 12番パー4 での 10。ドライバーがテンプラで左 OB。打ち直しの後、第4打をグリーン右のガードバンカーに入れてしまう。これがホームランして逆サイドのガードバンカーの傾斜に突き刺さり目玉。アンプレヤブルを宣言して、バンカー内から打ち直すも脱出せず。8オン2パット。

15番は右の林にドライバーショットを入れてしまい、第2打は出すだけ。寄らず入らずの3パットがあってトリプルボギー。17番はよいドライバーショットの後、フェアウェイのど真ん中からの 5W が 2発連続してボールの頭を叩くミス。何をやっているんだか。

OUT は 44 を目指して粘った。2番、3番、5番とパーを取って、ボギーペースで回っていたのだが、雨が強くなった 6番以降でダボが連続してしまい、47。とにかくすぐにダボ以上を叩いてしまう。今の調子がそのまま表れたスコアであろう。

ショットは右に行くミスが多く、林から出すだけの場合も何度かあった。右に行くのを修正すべく、最近の練習テーマである「腕を振る」「右サイドで振る」を意識すると、球は引っかかってしまう。腕と体がかみ合ってよいショットが出だしたのは、後半の OUT になってからであった。アプローチも打ち切れずにショート。パットもショートパットを2度外した。1ヶ月ぶりのラウンドと言うこともあって、ショートゲームの感覚も失われていたかもしれない。

muranaga-golf.hatenablog.com

とはいえ、ショットの練習不足は否めない。練習しているテーマをコースで意識しても、なかなかうまく行かない。コースではスイングのことは忘れて、どこにどういう球筋で打つかに集中しないといけない。この辺りのゲーム感覚も忘れていたように思う。

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPSituation
2021.8.13500 C IN→OUT(AG) (-/-)635172102554742583542雨、風

  1. スコア:102、パット:35(1.94)
  2. ショット(60Y以上):42、ショートゲーム(60Y未満):58、ペナルティ:2
  3. パーオン率:5.6%、ボギーオン率:38.9%
  4. バーディ率:0%、パー率:22.2%、ボギー率:16.7%
  5. ダブルボギー率:50.0%、トリプルボギー以上率:11.1%
  6. フェアウェイキープ率:50.0%、OB 発生率:5.6%、ペナルティ率:5.6%、ガードバンカー率:11.1%
ゴルフ ラウンド記