Muranaga's Golf

46歳でゴルフを始めて10数年。シニアゴルファーが上達をめざして苦労する日々をつづります

左肩を下げずにバックスイング、レイドオフのトップから切り返す感覚が「アウトサイド・イン」で新鮮

スイングの根幹はだいぶ固まってきたと思ったのだが…。最近またバックスイングの課題に取り組んでいる。

muranaga-golf.hatenablog.com

  • 身体(胸郭)を使ってテークバックする。手でクラブを引くのは NG
    • 手で引くと、捻転が途中で止まることにより、最後は手上げのトップになる
  • クラブは常に胸の前にある
    • P2 の位置で胸が右を向き、クラブはその前にある
    • この時フェイスは地面を向く(前傾している背中と同じ角度)
    • P3 の位置で胸はトップ(P4)と同じ向き
  • 左肩を下げない、レイドオフのトップを意識する
    • 「左肩を下げる(左側屈)」という教えもあるが、僕の場合、下がり過ぎて捻転が途中で止まってしまう
    • 左肩と地面の距離を変えない。頭が前に行かない
    • トップに向けて、前傾が緩む(起きる)感覚があっていい
  • 背中を使って捻転、トップの位置で、ターゲットに背中を向ける

左肩を下げないバックスイングのお手本は、倉本昌弘プロや全盛期のタイガー・ウッズとのこと。

そのためのドリルとしては:

  • P3 でいったん静止。そこから起き上がる動作を入れてバックスイングする
  • ショット練習の合間に、この動きを取り混ぜる

バックスイングとともに気をつけるべきは、下半身・脚の使い方である。これについては、最後に述べる。

左肩を下げず、トップで前傾が起きる(緩む)意識だと、シャフトが横に寝てレイドオフの状態になる。レイドオフ(シャフトが横)の状態から、身体の回転を使って切り返すと、シャフトが横から縦になって下りてくる

その際、自分では「アウトサイド・インに振っているんじゃないか?」という感覚で、違和感があるのだが、実は「それが正しい」のだそう。コーチには「よくその感覚に気づいたねー!」と言われた。

いわゆるシャローアウトの「右回り」「右ループ」とは、逆の感覚。これでいいのかと思うが、コーチによればそれが正しいということだし、そういえば堀尾研仁プロコーチも「一本背負い(右掌を地面に向ける)」「アウトサイド・イン」の感覚と言っていたことを思い出す。

muranaga-golf.hatenablog.com

トップの位置をレイドオフにしようとすると、一瞬、重心が少し外れてヘッドが後方へ落下する感覚がある(Jacobs 3D でいう α ローテーション)。昔、三觜プロがパッシブトルクといっていたもので、クラブの「右ループ」特性によるものである。そのヘッドの落下を、右手人差し指で支えて、クラブの重さとして感じることになる(α ローテーションと相殺する α トルクをかけている)。この右人差し指で支える力(α トルク)と、グリップを引く力(γ フォース)とが合わさって「アウトサイド・イン」の感覚を生んでいる気がする。

感覚は「アウトサイド・イン」だが、深く捻転したトップから、身体が回転してクラブを引っ張るので、実際にはインサイドからヘッドは入ってくる(逆にバックスイングが浅いと、本当に「アウトサイド・イン」の軌道になってしまう)。そして何より、自分ではそんなに頑張らなくても、力のある球が出る。

逆にここで頑張ると当たらなくなる。頑張ると、クラブを右人差し指で押す感覚が強くなる。おそらくこれは一種の力みであり、クラブに余計なエネルギーを与えることになる。「アウトサイド・イン」の感覚が強くなり、球を叩きに行くことになる。そうするとヘッドが上から入り、ダフったりトップしたりする。フェアウェイウッドを打つ時によくそうなる。そうなった時にティーアップして打つとテンプラになる。上からヘッドが入っている証拠である。球をレベルに捉まえるなら、インサイド・アウトの軌道を作る

切り返しからは、身体の回転を使って、グリップ方向にクラブを引く。トップからハーフウェイダウン、P4からP5 にかけては、横になったクラブを立てて下ろす感じである(ここが「アウトサイド・イン」の感覚)。どうもこの時、実際のクラブはシャローアウトするようだ。つまり実際には「右回り」になるらしい。

そのことを示している動画がある。堀尾研仁プロコーチが中西直人プロにアドバイスしている動画である。左肩をフラットに回し、右足支点でターンする。この動画の 3分10秒あたりで「フラットなクラブを低い位置から立てると、シャローに来る」と言っている。これって僕が習っていることと通じる内容なのではあるまいか?右足支点(かかと)で切り返すと、低くシャローに入る。感覚的には「右、右、左」、「右足で回って、右で切り返して、左に乗っていく」と言っている。


www.youtube.com

ハーフウェイダウンからインパクト、P5 から P7 にかけては、それまで縦に下ろして来たエネルギーが横方向のベクトルに転換されて、クラブが動いていく。その方向転換したエネルギーを使って球を打つので、自分ではあまり頑張らなくてもよい。

余計な力をかけずに、クラブが行きたい方向に行かせる。この辺りは三觜喜一プロ、森守洋プロ、あるいは Jacobs3D アンバサダーの松本協(タスク)プロが言う(テークバックで)引いて、(切り返しで)引くスイングの感覚なのかもしれない。

muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com

ちなみにクラブが常に前にあるショットは、本質的にはバンカーショットと同じだと、コーチは言う。ゆりかごを下から支えて身体の前で揺らすイメージで、クラブが胸の前にあるように意識する。これがいわゆる「重心管理」された状態なのかもしれない。

このように違和感さえある新感覚のバックスイングと切り返しであるが、ドライバーショットの球が強くなったのを感じる。

ただ真っすぐ出た球がスライスすることがある。やはり「アウトサイド・イン」にヘッドが入っているからだろうか?コーチによると、右足がうまく使えていない。右足親指の側面を地面につけて、両腿を内側に締める下半身の使い方ができていない。右膝が前方に動くために左腰が引ける動きになり、スライスになっているらしい。なるほど。

muranaga-golf.hatenablog.com

まとめると、

  • クラブは身体の前
  • 胸郭から始動、背中を使ってターゲットに背を向けるバックスイング
  • 左肩を下げずにレイドオフのトップからの切り返し
  • 右足親指側面で地面を押し、両腿を締める下半身

これらが今、僕が取り組むべき技術テーマである。