Muranaga's Golf

46歳で始めたゴルフ。シニアゴルファーが上達をめざして苦労する日々をつづります

ヘッドスピードが上がったから SIM Max ドライバーが打てるかな?

当分の間、ドライバーは名器グローレ Gloire F2 を使うつもりだが、最新テクノロジーてんこ盛りの SIM Max は気になる存在である。M6 の後継なので、おそらく僕にはオーバースペックだが、ヘッドスピードが 42m/s くらいに上がってきたこともあり、もしかしたら打てるんじゃないかと思ってしまう。

driver.jpn.org

SIM と Marvrik(マーベリック)を比較した記事に、ヘッドスピード 42m/s でどのくらい飛ばせるのか、試打の記録が記されている。

golfdigest-play.jp

SIM Max(9.5度、TENSEI Sシャフト)の場合、ヘッドスピード 42m/s だと、ボール初速 61.1m/s、スピン 2696rpm、キャリー 217.2ヤード、総飛距離 240.5ヤードだったと言う。グローレF2 のボール初速や飛距離とそんな劇的に変わらないかもしれない。初代グローレF が出たのが 6年前、F2 が 4年前。素晴らしい出来のドライバーだったということだ。

muranaga-golf.hatenablog.com

ドライバー:仕様比較
ドライバー GLOIRE F2 (2016) M GLOIRE (2018) SIM Max(2020)
シャフト GL6600 Speeder Evolution TENSEI BLUE TM50
フレックス R R R
ロフト(度) 10.5 10.5 10.5
ライ角(度) 60 59 56
体積(cc) 460 460 460
長さ(inch) 46 46 45.75
クラブ重量(g) 284 273 294
バランス D3 D4 D2.5
シャフト重量(g) 47 42 50
トルク 4.9 5.2 5.0
調子 先中
グリップ(径、重さ) φ60、38.5g φ60、33.5g φ60、42g