Muranaga's Golf

46歳でゴルフを始めて10数年。シニアゴルファーが上達をめざして苦労する日々をつづります

Round

不安定なドライバー、OB 2発、池ポチャ、バンカー地獄、4パット、空振り…(大相模CC 中→西 AG)

1月なのに 18度まで気温は上がり、4月のようなポカポカ陽気。友人のホームコースである大相模カントリーにてラウンド。 OB 2発、池ポチャ 1回、バンカー一発脱出できず 2回。4パット 1回、3パット 2回。そうそう、5W でボールのはるか手前をダフって空振り、…

2021年最初の月例競技:冬のゴルフはスコアメイクに苦労する(入間CC AG)

今年は頑張って月例競技に出ようと思っている。2021年最初の月例は、IN:48、OUT:51 と振るわなかった。バンカー地獄にハマり、+4 のホールが2回、「100を叩かずに済んでよかったな」というのが正直な感想である。 8時台はまだ零下、ティーグラウンドもグリ…

2021年:ラウンド数 3、ベストHDCP(JGA/GDO) 18.1 / 17.3

ハンディキャップ(JGA / GDO):18.2 / 17.6 ベスト・ハンディキャップ(JGA / GDO):18.1 / 17.3 平均スコア: 98.0 平均パット数: 32.7(1.81 / ホール) 平均ショット数(60Y以上):40.3 平均ショートゲーム数(60Y未満):55.3 平均ペナルティ数:2.…

2021年初打ちは残念な結果…。ショートゲームとメンタルが課題

2021年の初打ちは友人のホームコース、ファイブハンドレッドクラブにて。コーチには「入間カントリーに比べて、そんなに難しくないはず」と言われるのだが、スコアメイクが難しく、もちろん「90切り」できたことがない。今回も OUT:48(17パット)、IN:50…

2020年の成績を振り返り、2021年の目標を立てる

46歳でゴルフを始めて12年、2020年のゴルフの成績・スタッツを振り返り、2021年の目標を立ててみよう。 2020年、まず何と言っても、コロナウィルスの影響が大きかった。4月からほぼリモートワークになり、また週1回のゴルフスクールが 2ヶ月お休みになった。…

ドライバーショットとパットが崩壊!今年最後の月例競技で今年のワースト・スコア!

最近は80台もでるようになり、ここ数回のラウンドのスコア平均は 90、JGAハンディキャップも 18.1 と自己最高(GDO ハンディは 15.9)、まずまずの調子で臨んだ月例競技であったが…。ドライバーショットとパットが「崩壊」し、パー0。今年最後のラウンドで…

寄らず入らず。持ちこたえられなかった…(入間CC BG)

気の置けない友人たちとホームコースへ。ショットの調子はまぁまぁだし、先週しのいで 80台を出したし、今週も…。期待して臨んだラウンドだったが、そうは問屋が卸さなかった。「寄らず入らず」の連続ダボで始まったまま、なかなかパーが獲れず、ボギーペー…

北風が強く吹く中、OB 2発、ワンペナ 2回。しかしチップイン連発、26パットと粘って何とか「90切り」(入間CC BG)

気の置けない友人たちとホームコースをラウンドする。北風が強く吹いて、途中からは体が冷えて体力が奪われる展開になった。そういう難しいコンディションではあったが、粘りのゴルフを展開して、OUT:47(15パット)、IN:41(11パット)、88(26パット)と…

風が吹くと途端に難しくなる。「ライン出し」(出球の制御)が新たな練習テーマとなった(入間CC BG)

ホームコースである入間カントリー倶楽部にコーチを招いてのラウンドレッスン。コーチに見てもらっている時は、変な緊張感があるためか、いいスコアで回れたためしがない。しかし今回は、直前のラウンドでバーディーとパーを量産、ハーフ30台で 84 というゴ…

18ホールで 2バーディー・8パー、前半 39 も後半失速、痛恨のOBでベストスコア更新ならず(入間CC BG)

3週間ぶりのホームコースは、前夜からの雨も上がり、ゴルフ日和となった。不思議なことにドライバー、アイアン、パットが絶好調。結構ミスもあったのだが、18ホールで 2バーディー・8パーを獲得した。前半だけで 1バーディー・6パー、一つのトリプルボギーを…

秋のゴルフ旅 2日目:粘り切れずに2日連続の「90切り」を逃す(大浅間GC 白樺G)

朝起きてみると、大浅間ゴルフクラブは雲海に包まれていた。気温も低い。初冬のゴルフである。8時過ぎのスタート時間もまだ霧のかかったままだったが、4ホール目辺りから霧も晴れ、青空のもとでのゴルフとなった。それと同時に徐々に風が強く吹くようになっ…

秋のゴルフ旅 初日:タフなコースで粘って 80台達成(大浅間GC 白樺G)

秋のゴルフ旅。友人のホームコースである大浅間ゴルフクラブを3年ぶりに訪ねる。「Go To トラベル」の影響からか、行きの新幹線の指定席はほぼ満席。その多くは軽井沢をめざす人たちだった。大浅間ゴルフクラブは、その一つ先、佐久平の駅から車で 20分のと…

ホームコースでのラウンドレッスン:実は意外と難しいコースみたいである(入間CC AG)

コーチをホームコースに迎えてのラウンドレッスン。毎度のことながら、ラウンドレッスン中は、スイングのエラーを指摘され、それを修正することもあるのだろう、なかなかスコアメイクできない。「練習」の一環とは言え、せめて 90台前半のゴルフをコーチの目…

乗らず、寄らず、入らず。ダボが多過ぎる(入間CC AG)

気の置けない友人(ライバル)たちと、ホームコースへ。雨予報だったが、前日には曇りに変わり、当日も最後の2ホールほど降られただけだった。2週間前の月例競技の時は、猛暑で一部の芝生が枯れていたが、今日は復活していた。 距離のある Aグリーンの OUT …

あわやイーグルのバーディー、ナイスショットがロストボール。いろいろあった月例競技(入間CC AG)

ゴルフ人生初のハーフ30台 の勢いを駆って、1年ぶりに月例競技に参加した。ときどき強い雨が降ったが、ラウンド中はほぼ晴れていた。猛暑でフェアウェイの芝が枯れ、ところどころ濡れたベアグラウンドのようになっており、難しかった。 この試合の僕のハンデ…

気温 37.7度の炎天下、6連続パーで人生初のハーフ 30 台を達成!(入間CC)

気の置けない友人たちと、灼熱の太陽のもと、ホームコースをまわる。8月末にもかかわらず、今日の入間カントリーは 13時で気温 37.7度、15時で 37度というとんでもない暑さだった。凍らせたペットボトル数本と氷のうを保冷剤入りのバッグに詰め、滴り落ちる…

暑さでばてて、球が捕まらなくなった(入間CC)

猛暑の中、久しぶりのホームコースを、大学時代の同級生と二人でまわる。暑さを避けるべく、1ヶ月ラウンドを控えていたのだが、今年は 8月末になっても全然涼しくならなかった。 前半 IN は、アプローチの失敗や1mほどのパット外しが多く、パー2つ、ダボ 4つ…

ラウンドレッスンで致命的なエラーが見つかった(富士GC)

ショットの調子はどちらかというと下り坂、そして 7I がない状態でのラウンドレッスンとなった。場所は山中湖畔にある富士ゴルフコース。何と 85 年もの歴史のあるコースである。 ラウンド前のレンジで、アドレスを修正される。後方から見た時に、右腕が左腕…

雨のホームコース「飛ばない、乗らない、寄らない」、でもパットに救われた(入間CC BG)

気の置けない友人たちとホームコースへ。例によって『90を切る!倉本昌弘のゴルフ上達問答集』を行きの電車で復習して、ホームコースに向かう。前半 OUT は雨。後半 IN になって雨は上がってきた。 このところの調子がそのままに、ドライバーは不安定で、捕…

那須ゴルフ旅 2020 2日目:美しい難コースを何とか攻略できた(ホウライCC)

夏ゴルフ旅。西那須野カントリーに続き、ホウライカントリーに挑戦する。何度来ても、その美しいコースに魅了される。昨日の雨も上がり、青空のもとで難コースに挑む。今日はクラチャンの1、2回戦が開催されており、僕たちの組より一つ前を、既にスタートし…

那須ゴルフ旅 2020 初日:「100切り」したものの悔いの残るラウンド(西那須野CC)

那須にある美しく戦略性の高いコース、西那須野カントリー倶楽部とホウライカントリー倶楽部に泊りがけで挑戦することが、夏ゴルフ旅の恒例になっている。初日は雨の西那須野を IN スタートでまわる。前半は雨が降っていたものの、後半は雨も上がった。スタ…

アイアンショットはまずまず、ショートゲームが足を引っ張った(東京バーディC)

東京バーディクラブへ出かける。ゴルフ場へ向かう車から見る外は雨。練習もせずにコーヒーを飲んでいる時も、屋根から滝のように水が落ちている。しかしそこからだんだん小降りとなり、雨に降られたのは最初の3ホールだけ。その後は雨も上がり、ゴルフを楽し…

朝一番、ドライバーショットが崩壊!(入間CC Back)

Aクラス、ハンディ16未満のメンバーたちと、ホームコースをバックティーからまわる。苦手な IN 10番からのスタート。理由はまったくわからないが、朝一番のドライバーショットが崩壊!打っても打っても、右に出て大きくスライスした。10番でペナルティー、11…

寄せで56度のウェッジを使いこなすには、まだまだ時間がかかりそうだ(入間CC)

梅雨の晴れ間で週末は晴れそうと言うことがわかり、前日にホームコースの「一人予約」を申し込む。もともと 9:17 スタートだったが、当日行くと 9:31 スタートに変更になっていた。空いた時間を利用して、アプローチ練習場でみっちり 56度のウェッジによる寄…

大叩きのホールをなくしたい(大相模CC 中→西)

ライバルのホームコース、大相模カントリーに挑戦。左右のプレッシャーが強いホールで、しっかりドライバーを振り切ることを誓って臨んだ。 7:42 という朝早いスタートのため、ショット練習はせず、パットのみ。狭い打ち下ろしの中コース 1番 Par 5、朝いち…

本番と練習の違い、シングルプレーヤーとの違いを再認識(入間CC Back)

大叩きのリベンジを期してのラウンドは、OUT:49(15パット)、IN:47(14パット)の 96(29パット)。入間カントリーのバックティー(Aグリーン)からとしては、まずまずの結果である。90台前半には届かず、つまらない 2発の OB が悔やまれるも、これが今の…

自分のスイングの脆弱さを痛感した(入間CC Back)

練習場では最高の飛距離とミート率。でもコースに行くと簡単にスイングが崩壊する。それほど自分のスイングは脆弱である。 ドライバーがトップしてチョロ、あるいは右に。フェアウェイウッドもまったく当たらない。こうなると調整するどころの話ではなく、「…

ドライバーがダメだと流れを作れない、アプローチもミスを多発(ファイブハンドレッドクラブ)

クラブハウスはレストラン、ロッカー、浴場の使用を止め、スループレーのみ。軽食としてサンドイッチの提供のみ。コース上はバンカーレーキもなし。 それまで毎日 5日連続で 300-350球の練習をしていたら、疲れとゴルフ肘を再発、ドライバーが全然捉まらなく…

6連続ダボを含む 9個のダボ!90台前半に収まったのが不思議(入間CC)

前回の反省に基づき、「ミスしても声を上げない」ことを決意して、ホームコースに臨む。幸い出だしからショットは好調で、1番 Par 5 でパー。2番、3番はいずれも 3パットしてのボギー、ダボ(どちらもショートパットがカップを掠めた)。パットに課題はある…

ミスしても声を上げない平静な心を養成したい(入間CC Back)

シングルプレーヤーとホームコースのバックティーから回る。久しぶりのバックティーからでも 90台前半では回りたかったが、ショット、アプローチともに大きなミスが多く、IN:52、OUT:50 と、またしても 100 を叩いてしまう。OB 2発、ペナルティ 2発。ミス…