Muranaga's Golf

46歳でゴルフを始めて10数年。シニアゴルファーが上達をめざして苦労する日々をつづります

Round

ホームコースでのラウンドレッスン:実は意外と難しいコースみたいである(入間CC AG)

コーチをホームコースに迎えてのラウンドレッスン。毎度のことながら、ラウンドレッスン中は、スイングのエラーを指摘され、それを修正することもあるのだろう、なかなかスコアメイクできない。「練習」の一環とは言え、せめて 90台前半のゴルフをコーチの目…

乗らず、寄らず、入らず。ダボが多過ぎる(入間CC)

気の置けない友人(ライバル)たちと、ホームコースへ。雨予報だったが、前日には曇りに変わり、当日も最後の2ホールほど降られただけだった。2週間前の月例競技の時は、猛暑で一部の芝生が枯れていたが、今日は復活していた。 距離のある Aグリーンの OUT …

あわやイーグルのバーディー、ナイスショットがロストボール。いろいろあった月例競技(入間CC)

ゴルフ人生初のハーフ30台 の勢いを駆って、1年ぶりに月例競技に参加した。ときどき強い雨が降ったが、ラウンド中はほぼ晴れていた。猛暑でフェアウェイの芝が枯れ、ところどころ濡れたベアグラウンドのようになっており、難しかった。 この試合の僕のハンデ…

気温 37.7度の炎天下、6連続パーで人生初のハーフ 30 台を達成!(入間CC)

気の置けない友人たちと、灼熱の太陽のもと、ホームコースをまわる。8月末にもかかわらず、今日の入間カントリーは 13時で気温 37.7度、15時で 37度というとんでもない暑さだった。凍らせたペットボトル数本と氷のうを保冷剤入りのバッグに詰め、滴り落ちる…

暑さでばてて、球が捕まらなくなった(入間CC)

猛暑の中、久しぶりのホームコースを、大学時代の同級生と二人でまわる。暑さを避けるべく、1ヶ月ラウンドを控えていたのだが、今年は 8月末になっても全然涼しくならなかった。 前半 IN は、アプローチの失敗や1mほどのパット外しが多く、パー2つ、ダボ 4つ…

ラウンドレッスンで致命的なエラーが見つかった(富士GC)

ショットの調子はどちらかというと下り坂、そして 7I がない状態でのラウンドレッスンとなった。場所は山中湖畔にある富士ゴルフコース。何と 85 年もの歴史のあるコースである。 ラウンド前のレンジで、アドレスを修正される。後方から見た時に、右腕が左腕…

雨のホームコース「飛ばない、乗らない、寄らない」、でもパットに救われた(入間CC BG)

気の置けない友人たちとホームコースへ。例によって『90を切る!倉本昌弘のゴルフ上達問答集』を行きの電車で復習して、ホームコースに向かう。前半 OUT は雨。後半 IN になって雨は上がってきた。 このところの調子がそのままに、ドライバーは不安定で、捕…

那須ゴルフ旅 2020 2日目:美しい難コースを何とか攻略できた(ホウライCC)

夏ゴルフ旅。西那須野カントリーに続き、ホウライカントリーに挑戦する。何度来ても、その美しいコースに魅了される。昨日の雨も上がり、青空のもとで難コースに挑む。今日はクラチャンの1、2回戦が開催されており、僕たちの組より一つ前を、既にスタートし…

那須ゴルフ旅 2020 初日:「100切り」したものの悔いの残るラウンド(西那須野CC)

那須にある美しく戦略性の高いコース、西那須野カントリー倶楽部とホウライカントリー倶楽部に泊りがけで挑戦することが、夏ゴルフ旅の恒例になっている。初日は雨の西那須野を IN スタートでまわる。前半は雨が降っていたものの、後半は雨も上がった。スタ…

アイアンショットはまずまず、ショートゲームが足を引っ張った(東京バーディC)

東京バーディクラブへ出かける。ゴルフ場へ向かう車から見る外は雨。練習もせずにコーヒーを飲んでいる時も、屋根から滝のように水が落ちている。しかしそこからだんだん小降りとなり、雨に降られたのは最初の3ホールだけ。その後は雨も上がり、ゴルフを楽し…

朝一番、ドライバーショットが崩壊!(入間CC Back)

Aクラス、ハンディ16未満のメンバーたちと、ホームコースをバックティーからまわる。苦手な IN 10番からのスタート。理由はまったくわからないが、朝一番のドライバーショットが崩壊!打っても打っても、右に出て大きくスライスした。10番でペナルティー、11…

寄せで56度のウェッジを使いこなすには、まだまだ時間がかかりそうだ(入間CC)

梅雨の晴れ間で週末は晴れそうと言うことがわかり、前日にホームコースの「一人予約」を申し込む。もともと 9:17 スタートだったが、当日行くと 9:31 スタートに変更になっていた。空いた時間を利用して、アプローチ練習場でみっちり 56度のウェッジによる寄…

大叩きのホールをなくしたい(大相模CC 中→西)

ライバルのホームコース、大相模カントリーに挑戦。左右のプレッシャーが強いホールで、しっかりドライバーを振り切ることを誓って臨んだ。 7:42 という朝早いスタートのため、ショット練習はせず、パットのみ。狭い打ち下ろしの中コース 1番 Par 5、朝いち…

本番と練習の違い、シングルプレーヤーとの違いを再認識(入間CC Back)

大叩きのリベンジを期してのラウンドは、OUT:49(15パット)、IN:47(14パット)の 96(29パット)。入間カントリーのバックティー(Aグリーン)からとしては、まずまずの結果である。90台前半には届かず、つまらない 2発の OB が悔やまれるも、これが今の…

自分のスイングの脆弱さを痛感した(入間CC Back)

練習場では最高の飛距離とミート率。でもコースに行くと簡単にスイングが崩壊する。それほど自分のスイングは脆弱である。 ドライバーがトップしてチョロ、あるいは右に。フェアウェイウッドもまったく当たらない。こうなると調整するどころの話ではなく、「…

ドライバーがダメだと流れを作れない、アプローチもミスを多発(ファイブハンドレッドクラブ)

クラブハウスはレストラン、ロッカー、浴場の使用を止め、スループレーのみ。軽食としてサンドイッチの提供のみ。コース上はバンカーレーキもなし。 それまで毎日 5日連続で 300-350球の練習をしていたら、疲れとゴルフ肘を再発、ドライバーが全然捉まらなく…

6連続ダボを含む 9個のダボ!90台前半に収まったのが不思議(入間CC)

前回の反省に基づき、「ミスしても声を上げない」ことを決意して、ホームコースに臨む。幸い出だしからショットは好調で、1番 Par 5 でパー。2番、3番はいずれも 3パットしてのボギー、ダボ(どちらもショートパットがカップを掠めた)。パットに課題はある…

ミスしても声を上げない平静な心を養成したい(入間CC Back)

シングルプレーヤーとホームコースのバックティーから回る。久しぶりのバックティーからでも 90台前半では回りたかったが、ショット、アプローチともに大きなミスが多く、IN:52、OUT:50 と、またしても 100 を叩いてしまう。OB 2発、ペナルティ 2発。ミス…

ショットもアプローチもパットも安定せず、粘り切れずに「100叩き」(大相模CC 西→東)

暖かい陽射しを受け、18度まで気温が上がり 4月の陽気となったラウンドは、河津桜が咲く友人のホームコース、大相模カントリークラブへ。今年最初のラウンドにて、このコースで「90切り」していることもあり、少なくとも 90台前半は出したいと思って臨んだの…

どうして練習でできることが、本番でできないんだ?!(入間CC)

毎年、真冬(と真夏)はラウンドしない方針だったが、さすがにこの暖冬シーズンは、ラウンドしなかったことを後悔している。1ヶ月半ぶりのラウンド、そして 2ヶ月ぶりのホームコースは、ショートゲーム、特にパットが今ひとつで、OUT: 47 IN: 47 の 94。うー…

2020年の初打ちはバーディ発進、「90切り」で幕開けした(大相模CC:東→中)

2020年の初打ちは友人のホームコースである大相模カントリークラブにて、気のおけないライバルたちと。新年最初のホール、東コース1番 Par 5 では、ドライバーを気持ちよく打てただけでなく、2m のパットを沈めて、いきなりバーディ!さらに 9番 Par 4 でも …

2019年のホームコースである入間カントリー倶楽部での成績を振り返る

スイングの質は向上したと思うのに、結果にはつながらなかった2019年だった。その中にあって、ホームコースである入間カントリー倶楽部での今年の成績を振り返ってみる。muranaga-golf.hatenablog.commuranaga-golf.hatenablog.com入間CC 通算成績入間CC ホ…

2019年の反省と2020年の目標

46歳でゴルフを始めて11年、2019年のゴルフを振り返ると同時に、2020年の目標を設定する。まず最初に、ゴルフを始めてから今日までの通算成績の推移をグラフに示す:2008-2019 通算成績2008-2019 通算成績muranaga-golf.hatenablog.com2019年の 30回のラウン…

2019年打ち納めはショット復調の兆し、しかしショートゲームのミスが多く、スコアメイクできなかった(入間CC)

今年の打ち納めはホームコースの入間カントリーにて。気温は7度までしか上がらず、ボールも思ったほど飛ばず、グリーンは 11ft と高速。典型的な冬のラウンドとなった。2週間前に来た時は、パーオン 0%でもショートゲームが冴えてスコアメイクしたのに対し、…

友人のホームコースに初挑戦!OB 3発ながらもまずまずのスコアで回ることができた(大相模CC:中→西)

友人(ゴルフのライバル)が大相模カントリークラブの会員になったので、早速、挑戦させてもらった。大相模カントリーは1968年(昭和43年)開場で、50年以上の歴史を持つ。1977年(昭和52年)開場の入間カントリーと同じように、ちょっとレトロな昭和の香り…

久しぶりのホームコースはショートゲームが冴えた(入間CC)

1ヶ月半ぶりのホームコース。前々日までの予報は雪交じりの小雨模様。一時はキャンセルすることも考えたほどだが、前日には曇りの予報となり、当日になってみると雨も雪も降らず。寒いけれども、ゴルフを楽しめる天候であった。冬になって 10.5ft と速いグリ…

ZOZO Championgship 開催のコースに挑戦! 打ちのめされた(習志野CC KING)

米国 PGA ツアー、ZOZO Championship が開催され、タイガー・ウッズが優勝した習志野カントリークラブ KING コースに挑戦! … 見事に打ちのめされた。zozochampionship.com習志野カントリークラブ KING コース:10番ホールwww.narashino-cc.comこのコースの…

久しぶりのラウンドレッスン:コース上で何をやらかしているか、よーくわかった(大多喜CC 東→南)

雨で何度か延期されたこともあり(コーチが雨男なのだ)、コースでのラウンドレッスンは久しぶり。もしかしたら1年以上ぶりかもしれない。練習場でのスイングはまずまず。なのにコースでは「100叩き」する。コース上で何をやらかしているのか。今回、コーチ…

ショット不調だが何とかスコアをまとめたコンペは、日没のため17ホールで終了(富士CC)

富士カントリークラブで開催された会社関係のコンペ。OUT 1番のスタートホールでは、何と30分も待たされた。ティーからグリーンまで 40m ほども下っている強烈な打ち下ろしのミドルホールに4-5組待っている状態であった。その後も2番ミドル、3番ショートとト…

絶不調!「100叩き」のラウンドが続く(南総CC 東コース Blue Tee)

友人のホームコース、タフな南総カントリークラブ東コースに Blue Tee から再挑戦。「100切り」を目標としたが、相変わらずドライバーが安定せず。南総CC の大きくアンギュレーションのあるグリーンと、コースの罠にハマり、IN:51(20パット)、OUT:54(19…