Muranaga's Golf

46歳でゴルフを始めて10数年。シニアゴルファーが上達をめざして苦労する日々をつづります

終盤にダブルパーを叩いて「90切り」を逃がす(那須ゴルフ倶楽部)

ゴルフ場から望む茶臼岳が美しい。昨日の寒さで頂が白い。

f:id:muranaga:20211018073122j:plain
茶臼岳

f:id:muranaga:20211018073129j:plain

f:id:muranaga:20211018073145j:plain

朝 7:30 から練習もせずにプレーする。冷え冷えとした朝の空気の中、体が思うように動かず、ドライバーやウッドの当たりが今一つ。そんな中 3番で 7m のパットが入ってボギー。これが入ることで前半 OUT はダボを 2つに抑えることができた。OUT はパットとショートゲームが冴えて、43(13パット)。

昨日 51 を叩いて苦手意識が抜けない IN も、パーとダボが交互に来るボギーペースで粘り続けた。ところが 17番で痛恨のダブルパー(+4)。このホールでは、ドライバー、ウッドが全部ダフった。ラフからの一打も、手前からダフるために全然飛ばない。それを修正しようとすると、逆にボールの頭を叩く。17番ではその悪循環に陥ったと言えよう。

この大叩きで IN 48(18パット)としてしまい、91(31パット)と「90切り」を逃がしてしまった。「90切り」は逃したものの、なぜかハンディキャップはよくなり、16.8 と自己ベストを更新した。

f:id:muranaga:20211020012034j:plain

実を言うと、ホームコースで大叩きをして、ショットに自信がない状態であった。那須に来る直前のゴルフスクールでは、コーチに次にように言われていた:

  • 練習場でのスイングについては、悪くない。大きな修正点はない(あまり指摘することがない)
  • 気になるとすれば、ときどき悪い癖が出るアドレス
  • ときどき「怖々と」打っている印象もある。「当てに行っている」

調子のいい時は、無心で振ってもいい当たりがでる。しかし調子が悪くなると、どうしても「当てよう」という気持ちが出て、かえって思い切り振れなくなる。ラウンド中はスイングのことを忘れて、無心で振る。今回のラウンドでは、フェアウェイキープ率、パーオン率ともによく、無心で振ることを少しだけ思い出せたような気がする。

この後、昼食を挟んで 2サムで OUT を 1時間半でまわる。トータル 1.5ラウンドして露天風呂に入り、2日間の疲れを癒す。午後3時発のクラブバス、4時過ぎの新幹線に乗って、6時過ぎには横浜の自宅に着いた。

f:id:muranaga:20211018162220j:plain
東京に向かう新幹線の車窓より

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPSituation
2021.10.18那須GC OUT→IN (69.7/124)603972914348444631119.6ft、晴れのち曇り、気温 7度

  1. スコア:91、パット:31(1.72)
  2. ショット(60Y以上):44、ショートゲーム(60Y未満):46、ペナルティ:1
  3. パーオン率:27.8%、ボギーオン率:33.3%
  4. バーディ率:0%、パー率:38.9%、ボギー率:27.8%
  5. ダブルボギー率:27.8%、トリプルボギー以上率:5.6%
  6. フェアウェイキープ率:64.3%、OB 発生率:0%、ペナルティ率:5.6%、ガードバンカー率:5.6%

muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com

ゴルフ ラウンド記

急に気温が下がって初冬のゴルフ、ボールが見えなくなる直前でホールアウト(那須ゴルフ倶楽部)

3ヶ月ぶりに那須ゴルフ倶楽部でプレーする。3ケ月前は夏ゴルフ、今回は秋ゴルフ。そう思っていたのだが、今日から急に気温が 7度まで下がり、初冬のゴルフとなった。しかもこの日は朝から雨と強い風という天候であった。幸い僕たちは昼過ぎからのスループレイであり、雨も上がり風も弱まった状況でラウンドすることができた。1時半にスタートして、上がったのは 5時過ぎ。後半は途中までしかプレーできないだろうと思っていたが、ほぼボールが見えなくなる直前でホールアウトすることができた。

この日は「紅葉杯」というクラブ競技が開催されており、われわれも茶店で、お汁粉とおでんをご馳走になることができた。冷えた体に嬉しいサービスである。

f:id:muranaga:20211017144652j:plain
雲の間から陽射し

f:id:muranaga:20211017165904j:plain
17番ホールからの夕焼け

f:id:muranaga:20211017142312j:plain
6番ホール:豪快な打ち下ろしで、右に直角にドッグレッグ

f:id:muranaga:20211017164131j:plain
16番ホール:40ヤード打ち下ろす230ヤードのショートホール

那須ゴルフ倶楽部は、フェアウェイが意外と狭いし、高低差もあるホールも多い。ショットの精度が求められるコースであり、前回はその罠にハマった。

そのリベンジとなる今回。OUT はショートゲームがよく、42(16パット)。「90切り」も望めるスコアであったが、IN はダボペースに陥ってしまい、何と 51(20パット)。93(36パット)という悔しいスコアとなった。

f:id:muranaga:20211020002606j:plain

IN は一度もフェアウェイをキープできず、ショットの精度を欠いた上に、アプローチも寄らず、パットも入らなかった。日没でホールアウトできないだろう。そんな気持ちも働いて、集中力も欠いたように思う。どんなに苦しくても、最後までスコアをよくするべく、丁寧なゴルフを続ける。それが実行できなかった。

一方、一緒に回った友人は 41、41 の 82。250ヤードの飛ばし屋で、ドライバーもアイアンもショットが安定して、パーオン率が高く、2 バーディ、5パーの見事なラウンドであった。OUT までは何とかついて行けたが、IN で 10ストロークも置いて行かれたことになる。82 は彼のベストスコアとのこと。おめでとう!

ラウンド後はロッジの温泉へ。冷えた体を温める露天風呂が嬉しい。

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPSituation
2021.10.17那須GC OUT→IN (69.7/124)603972934251405236019.6ft、曇り、強風、気温 7度

  1. スコア:93、パット:36(2.0)
  2. ショット(60Y以上):40、ショートゲーム(60Y未満):52、ペナルティ:1
  3. パーオン率:16.7%、ボギーオン率:55.6%
  4. バーディ率:0%、パー率:27.8%、ボギー率:33.3%
  5. ダブルボギー率:33.3%、トリプルボギー以上率:5.6%
  6. フェアウェイキープ率:21.4%、OB 発生率:0%、ペナルティ率:5.6%、ガードバンカー率:0%

muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com

ゴルフ ラウンド記

またも大叩き!ショットが定まらず、急傾斜のラフへ。ずるずると後退した(入間CC AG)

9.8ft と入間カントリー倶楽部らしいグリーンの速さになってきた月例競技。先週のプライベートなラウンドに引き続き、大叩きのホールが2つもあって、スコアメイクできなかった。1ヶ月前、足を怪我していてパーオン率 0% でも「90切り」していたので、「90切り」のコツは掴んだと思っていたのだが、やはり 100ヤード以内のショットをグリーンに乗せていかないと、ダボないしそれ以上を叩いて、ずるずると後退してしまう。

f:id:muranaga:20211010083811j:plain

6番がいい例だ。右のラフ、かなり悪いライからのセカンドショットをミスして目の前のフェアウェイバンカーに入れ、その後も出すだけ。残り 85ヤードをグリーンに乗せられずトリプルとしてしまった。傾斜の強いグリーンの上につけてしまっての 3パットダボもあり、OUT 49(19パット)。

今回のラウンドでは、アイアンやユーティリティーが真っ直ぐ出て、左に曲がるミスが多かった。このため深いラフ、かつ急なつま先下がりの斜面から打つ羽目になり、さらにミスショットを連発。その典型が 13番ショートホールであった。7打(+4)も叩くとさすがに心が折れる。ただその直後の 14番で奇跡的なチップイン・パーがあり、何とか IN 49(13パット)というスコアに収めることができた。

f:id:muranaga:20211014145901j:plain

「90切り」したラウンドは、確実にボギーオンしていた。30-100ヤードのアプローチショットの精度が高かった。今回、ショートゲームのミスを引き起こしたのは、難しいライに打ち込んでしまったショットである。

左に曲がるショットの多発。これはハーフショットの成功体験が生んだ副作用だと思っている。足を怪我して、一時期、ハーフショットばかりを練習していた。そしてその成果として、一番手上げてハーフショットするやり方で、ライン出しのコントロールショットができた。

ところがこの成功体験により、ラウンド中のバックスイングが浅くなったと考えている。このためスイング軌道がずれて、インサイドからヘッドが入らなくなった。アウト・インに近くなったため、今回は真っ直ぐ出て左に出る球が連発したのだと思う。

アドレス、そしてバックスイング。もう一度、見直そう。

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPSituation
2021.10.10入間CC OUT→IN(AG) 69.9/120)621672984949435532109.8ft、晴れ

  1. スコア:98、パット:33(1.78)
  2. ショット(60Y以上):43、ショートゲーム(60Y未満):55、ペナルティ:0
  3. パーオン率:11.1%、ボギーオン率:38.9%
  4. バーディ率:0.0%、パー率:16.7%、ボギー率:38.9%
  5. ダブルボギー率:33.3%、トリプルボギー以上率:11.1%
  6. フェアウェイキープ率:42.9%、OB 発生率:0.0%、ペナルティ率:0.0%、ガードバンカー率:5.6%

muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com

ゴルフ ラウンド記

一定のリズムとテンポで、スイング全体で腕と体を同調させる

ゴルフスクールのコーチに、昨日のドライバーショットの不安定さを報告、スイングを見てもらう。

今回「気になる」と指摘されたのは、次の通り:

  • テークバックで、腕と体が同調していない
    • バックスイングの後半、腕を使って急に上げているように見える
      • バックスイングの前半と後半でテンポが違う(後半、速くなっている)
    • このためスイングのリズム(拍子)が乱れがち
      • バックスイングのテンポが速くなることで、切り返しも早くなりがち
  • 体の回転を使って、そこに腕を同調させることで、一定のテンポで最後までバックスイングすること
  • ゴルフスイングは基本的には「引く」動作
    • バックスイングで引き、ダウンスイングで引く
    • この時、同じリズムとテンポで、腕と体を同調させることが大事
  • バックスイングのテンポはあえてゆっくりにしなくていい
    • トップの位置が乱れているときは、ゆっくりにして修正するが、その必要はない

一定のリズムとテンポで、腕と上体を同調させて、バックスイング、そしてダウンスイングすることにより、シャフトをしならせることができる。これにより、打った球が上がるようになる。

腕と体の同調は以前から言われていたことだが、どちらかと言うと切り返し以降の話が多かった(クラブは常に体の前にある)。テークバック、バックスイングでも同じ、スイング全体の話であると認識を新たにした。

練習場とラウンドでの違いは、主にメンタルに起因する。特に競技ゴルフを始めていると、一打の重みが大きい。ハザードを避けようと、手を使うようになる。腕と体の同調が崩れてしまう。

どんな時でも、一定のリズムとテンポで、腕と体を同調させたスイングを行うこと。基本中の基本である。

muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com

OB ありシャンクありバンカーあり。3ホールで大叩き!(入間CC AG)

台風一過の晴れ、風はそれなりに吹いているもののゴルフ日和となった。気の置けない友人たちとホームコースをまわる。このところ 80台のスコアが続いていたので「90切り」を目標に臨んだが、気合が入り過ぎたのか、1番から +4 と叩く。その後も 5番で +4、12番で +3 と、大叩きのホールが 3つもあり、スコアメイクできなかった。OUT:49、IN:48 の 97(33パット)を叩いて、がっかりである。

f:id:muranaga:20211003005219j:plain

1番ロングホールは、つま先上がりからのウッドのミスが2回、木の根元に行って出すだけ。95ヤードの打ち上げをグリーンオンできず 3パットの 9打(+4)。

5番ミドルホールは、つま先下がりからの 6I のミスが2回。50ヤード近く離れたバンカーに捕まり、クリーンに打ってグリーンに乗せようとして 2度のミス。ダブルパー(+4)。

12番ロングホールでは、ドライバーがダフり、手前の池に。OB。トリプルボギー(+3)。

この3つのホールをせめてダボに収めていれば…。90台前半の平均的なスコアには落ち着いていただろう。そういう意味だと、これ以外のホールについては、平常通りのゴルフができたとも言える。

要因の一つはドライバーショットの不安定さにある。右にも左にも行き、左に行くとつま先下がり、右に行くとつま先上がりのライになって、セカンド以降を苦労した。そしてつま先下がり、つま先上がりの傾斜への対応、ミスを予測しての構え・打ち方の事前準備が不足していた。

そして 50Y ほどもある遠く離れたバンカーに捕まったのが痛い。雨上がりで砂も硬く、クリーンに打とうとしてトップ、一発脱出できなかった。

前回のラウンドで、スリークォーターのコントロールショットの有効性に目覚めたのだが、今回は球が捕まらなかった。フルショットも右に出たまま、ドローがかからない。ハーフショットで、左肘を下に向けるように練習しているが、身についていないということか。そういえば 17番では 155ヤードを 7I で打って、シャンクした。

冴えないラウンドで気落ちしたが、めげずにラウンド後は、アプローチとパットの練習を 40分ほど行う。56度のウェッジで、球の高さを揃えたい。9I によるランニングショットの距離感を磨きたい。ロングパットの距離感をもっと高めたい。

muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPSituation
2021.10.2入間CC OUT→IN(AG) 69.9/120)621672974948445233519.3ft、晴れ

  1. スコア:97、パット:33(1.83)
  2. ショット(60Y以上):44、ショートゲーム(60Y未満):52、ペナルティ:1
  3. パーオン率:5.6%、ボギーオン率:55.6%
  4. バーディ率:0.0%、パー率:22.2%、ボギー率:44.4%
  5. ダブルボギー率:16.7%、トリプルボギー以上率:16.7%
  6. フェアウェイキープ率:42.9%、OB 発生率:5.6%、ペナルティ率:0.0%、ガードバンカー率:22.2%
ゴルフ ラウンド記

思い出深いデイスターゴルフクラブが営業終了。思いがけない展開が待っている?!

千葉県にあるデイスターゴルフクラブが、2021年12月30日をもって営業するとのこと。先日、デイスターゴルフでプレーした友人から聞いた。そして親会社である大林組から 8月31日付でプレスリリースが出ている。

www.obayashi.co.jp

デイスターゴルフクラブは、2009年10月、ゴルフスクールのコーチに、初めてラウンドレッスンで連れて行ってもらったゴルフ場である。その後も 2010年2月にはスクールのコンペが開催されたり、2013年9月には当時のベストスコアを更新する 92 でまわったり、とても思い出深いゴルフ場である。

池が巧みに配置された景観の美しい 27 ホール。戦略性の高いコースに加え、アンギュレーションのきついポテトチップスのようなグリーン。僕にはタフなコースで、当時の 92 というスコアはとても嬉しかったのを覚えている(2013年の平均スコアは 104.8)。ある意味、僕のゴルフの実力を測るバロメーターとしていたコースであり、難しいけどお気に入りのコースだった。その後も何度か挑戦しては、そのたびに跳ね返されてきた。

2017年にホームコースを持ったため、千葉のゴルフ場に行くことはだんだん少なくなった。デイスターゴルフクラブに最後に出かけたのは 2017年12月。11フィートという超高速グリーンにて、生涯ワーストとなる 50パットを叩いたのが、デイスターゴルフの最後の思い出となった。

muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com

そう言えば、連続写真を撮ってくれるサービスをしている時もあった(2013年6月)。

同じ大林組の子会社が保有していたオールドオーチャードゴルフクラブは PGM グループへの売却が決まっている。それに対して、デイスターゴルフクラブは営業終了とのこと。非常に立派なゴルフ場であり、このまま閉鎖してしまうのは残念である。どこかよい買い手が見つかって、経営を引き継いでくれるといいのだが…。

新たな買い手は前澤友作氏 ?! (2021.9.28 追記)

何とものすごい情報を聞いてしまった。デイスターゴルフクラブの新たな買い手は、あの前澤友作氏とのこと!そう言えば一年前、前澤氏が「千葉県のゴルフ場を買います」と Twitter で呼びかけていた

ジュニア育成のアカデミーにするために、現存する 27ホールのうち、9ホールを練習場にする計画だと言う。

これは思いがけぬ展開である。この情報が真実なのか。興味を持って見守りたい。

コントロールショットとランニング・アプローチの可能性に気づく(入間CC AG)

台風の雨のせいで 9月19日にホームコースがクローズした結果、僕のように急きょ、23日にラウンドの予定を変更した人が多かったらしい。それにしても 50組は詰め込み過ぎである。進行が遅く、多い時には 2組、打つのを待たされた。その結果、ハーフをまわるのに 3時間。10時にスタートして 17時に終わるという長丁場で、最後の方は足を中心に疲れがドッと来たラウンドであった。

気の置けない同世代の友人たちと、のんびり会話しながらまわる。左足の甲に痛みを感じながら 89 でまわった時と比べれば、今日は左足は痛まない。目標を「90切り」「連続 80台」として臨んだ。

f:id:muranaga:20210924081046j:plain

f:id:muranaga:20210924081001j:plain

結果は IN:43(18パット)、OUT:43(15パット)の 86(33パット)。ショートパットのミスが多かったなど、反省点も多々あるが、まずは目標クリア。JGA ハンディキャップも 17.1 と自己最高となった。

パーオン(16.7%)+ボギーオン(72.2%) 合わせ、ボギーオン率 88.9%。「90を切るゴルフ」の大前提であるボギーオンのゴルフが、少しづつ実行できるようになりつつある。何よりトリプルボギーを叩かず、ダボを2つに留められたのが嬉しい。ショートアイアン以下、特に 100ヤード以内のウェッジショットを何とかグリーンに乗せられたのが大きい。

今後に向けて、自分なりに成果だと感じたのは、コントロールショットと転がし(ランニング・アプローチ)の可能性に気づいたことだ。

最近ハーフショットの練習ばかりをしていたこともあるのだが、一つ大きい番手でスリークォーターの振り幅でショットすることにより、方向性が高く、ラインを出し易くなる。6番、7番で残り 130-133Y という状況。今までだと 9I でフルショットしていたが、今回は 8I のハーフショットにより、どちらもピンを刺し、6番では 1m、7番では 50cm のベタピンにつけることができた。130Y くらいでライン出しができると大きな武器になる。

続く8番、ピンまで 155Y のショートホールでも、7I フルショットではなく 6I のコントロールショットを選択。ボールが捕まらず、右のバンカーに入ってしまったが、大崩れしにくいかもしれない。月例競技などでも試していきたい。

またグリーン周りから、グリーン面が使えるところは 9I のランニング・アプローチを積極的に使ってみた。8番ではあわやチップインするところであったし、こちらも状況に応じて活用していきたい。

一方、今回大きな課題として残ったのは、1m 前後のショートパットである。今回 13回機会があり、7回成功、6回ミスしている。ライン読みが外れたのが 3回、ミスショットが 3回。ライン読みが外れたのは仕方がないが、パットのミスショットをなくしていかないと、80台前半のスコアは出せない。猛省 & 練習である。

9番ロングホールの第2打は、絶好の位置からの 5W を右にプッシュして、ワンペナとしてしまった。不用意なミスだった。一打一打への集中力を高めることが必要である。一方、ミスはミスとして忘れて、次の一打に気持ちを切り替え、90Y をグリーンオンできたのはよかったと思う。幸い、何とかボギーに収めることができ、大怪我とはならなかった。

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPSituation
2021.9.23入間CC IN→OUT(AG) 69.9/120)621672864343394633119.3ft、晴れ

  1. スコア:86、パット:33(1.83)
  2. ショット(60Y以上):39、ショートゲーム(60Y未満):46、ペナルティ:1
  3. パーオン率:16.7%、ボギーオン率:72.2%
  4. バーディ率:5.6%、パー率:22.2%、ボギー率:61.1%
  5. ダブルボギー率:11.1%、トリプルボギー以上率:0.0%
  6. フェアウェイキープ率:57.1%、OB 発生率:0.0%、ペナルティ率:5.6%、ガードバンカー率:5.6%

臨時のクラブバスを待つ間に、入間カントリー倶楽部の夕暮れの時間を楽しんだ。

f:id:muranaga:20210923173256j:plain

f:id:muranaga:20210923173220j:plain

muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com

ゴルフ ラウンド記