Muranaga's Golf

46歳でゴルフを始めて10数年。シニアゴルファーが上達をめざして苦労する日々をつづります

Video

ハンドファーストを身につける「シャット・オープン」のアプローチ練習と、ミケルソンの hinge & hold との関係は?

アプローチをコーチに見てもらって「ちょっと怪しい」と、エラーを指摘された。 インパクト前後で、右肩が下がり、左肩が上がっている 体の軸を真っ直ぐに、フラットに上半身をターンさせること! 言われてみればその通り。ほんの少し左サイドが伸びて、フォ…

黒ティーから 4連続パーと粘るも、直後に OB の大叩き。何をやっているんだか…(入間CC Fullback AG)

クラブ選手権(クラチャン)予選の練習ラウンドをしたい上級者の友人と一緒に、入間カントリー倶楽部で最も難しい A グリーン・黒ティーから回る。ボギーレート 95.2 なので、ハンディが 18.3 のまさにボギープレーヤーに相当する僕の場合 、95 でまわればパ…

寺西明『30歳からゴルフを始めた賞金王』が示す効率的な練習法

30歳で独立して会社を創業、社長業をやりながら、ゴルフを始めて、49歳でプロテスト合格、54歳でシニアの賞金王になった寺西明プロ。練習は量より質であり、『30歳からゴルフを始めた賞金王』には、その効率的な練習法が紹介されている。時間のないビジネス…

切り返しで右肩は(前ではなく)下に動くことを意識する

昨日のホームコースでのラウンド報告をコーチにする。常に言われていることだが、Par 5 がスコアメイクの鍵であり、ここでダボを叩いてはいけない。その通りだと思う。今回のラウンドでは、ドライバーで右の林に打ち込んだり、左の斜面にぶつけたりしたのが…

堀尾研仁プロ『ゴルフ 迷わないラウンド術』はラウンドで役立つノウハウ集

堀尾研仁プロの新刊『ゴルフ 迷わないラウンド術』が出た。前著『ゴルフ 脱・感覚!! スイングの真実』では、GEARS のデータをもとにスイングの基準を解説した本であり、堀尾プロの GEARS レッスンを受け、シャフトクロスを直すスイング改造のきっかけになっ…

左足かかとの延長線上にボールを置いて練習する

先日、自分が持っていた Taylormade の純正シャフト TENSEI SILVER (SR) と、知人が持っていた TENSEI BLUE (SR) を物々交換した。TENSEI BLUE は SIM2 MAX-D の純正シャフトである。ゴルフスクールの練習の合間に、TENSEI BLUE を昔のエースドライバー GLOR…

Golf Network をやめて Golf TV に加入したのだが… 全米プロゴルフ選手権が配信されない!

今年の4月、Golf Network をやめて GOLF TV に加入したのだが…。今週末の全米プロゴルフ選手権(PGA Championship)は Golf Network、DAZN、AbemaTV でのみ配信されて、GOLF TV では見られないことが判明した。 tv.golfnetwork.co.jp www.golf.tv うぅ、失敗…

フラットなレイドオフ、深いバックスイング。スイング改造により新たに見えてきたことがある(かもしれない)

今年の冬のスイング改造のテーマは、シャフトクロスを抑えてフラットなレイドオフのトップをめざすことであった。その一環で、バックスイングの捻転を深くすることに取り組んでいる。この二つの練習テーマによって、新たな感覚、新たに見えてきたことがある…

バックスイングが浅い!「ラウンド慣れ」するな!クラブを振れ!

ホームコースである入間カントリー倶楽部の12番ホールのティーイング・エリアは、桜が美しい。昨日のラウンドでは、満開の桜を背景に、ドライバーショットの動画を撮影してもらった。左サイドに引っ張ったミスショットの時の映像である。 www.youtube.com 入…

バックスイングの捻転を深く!右膝を伸ばして右股関節を後ろに引く

シャフトクロスをレイドオフに直すスイング改造に取り組んで、2ヶ月弱。案の定、迷路に入り込んだものの、ようやくコースでもいいショットが出るようになってきた。コーチにも「シャフトクロスが許容範囲に収まってきた。腕・肩の使い方がよくなった」と言わ…

冬でもザックリしないアプローチ

ショットは改造中だから仕方ないとしても、50-60ヤードからのグリーンを狙うショットや、グリーン周りのアプローチのミスの多さは、スコアに直結するだけに許容しがたい。特にザックリは精神的にもやられる。 アプローチは「手首の角度をキープしたまま、体…

話題のカーボンフェース Stealth HD を試打、SIM2 MAX-D と比較した

土浦市にあるマロニエゴルフで、SIM2 MAX-D 3W のリシャフトをした帰りに、すぐ近くにある PGA Tour Superstore つくば学園東大通り店 に立ち寄る。 muranaga-golf.hatenablog.com ここは試打スペースがたくさんあって、待たずに試打することができる。ちょ…

スピンで止めるアプローチ:中井学&堀尾研仁コンビによる解説動画

友人にアプローチの打ち方を聞かれたので、以前このブログで書いたように、今野康晴プロのムック本、および井上透プロコーチの本に書かれている方法を参考にしていることをお話しした。すなわち「手首の角度をキープしたまま、体の回転を使って、ソールを滑…

ご多分に漏れず、スイング改造の迷路に入り込んでいる

シャフトクロスを修正し、レイドオフなトップをめざすスイング改造に取り組んでいる。そしてご多分に漏れず、スイング改造の迷路に入り込んでしまった。 muranaga-golf.hatenablog.com 練習場のハーフスイングレベルだとうまく当たるが、ラウンドでいざボー…

トップの位置を修正して、シャフトクロスを直したい

僕が通うゴルフスクールのコーチは「ゴルフはいかに飛ばすか、飛距離が重要なゲーム」という方針から、「(ヘッドがちゃんと戻ってくるならば)シャフトクロスでも問題ない」という、シャフトクロス許容派である。 コーチの経験上、「シャフトクロスからレイ…

堀尾研仁プロの GEARS を使ったゴルフレッスンを受けてみた

かねてより体験したかった堀尾研仁プロによる GEARS ゴルフレッスンを、ついに受けてみた。光学式モーションキャプチャ技術に基づく GEARS によるスイング分析によって、自分のスイングが今どういう状態にあるのか、そして目標とすべきスイングとどのような…

初めてスピン系のボールを使ってみた

生来の非力でドライバーのヘッドスピードはどんなに頑張っても40m/s。飛距離を伸ばしたい一心で、ブリヂストンの PHYZ というシニア向けのディスタンス系ボールをずっと使っている。打感が柔らかく、非力でもボールが潰れる 4ピース構造である。マークダウン…

堀尾研仁『ゴルフ 脱・感覚!! スイングの真実』:GEARS でわかった「スイングの基準」とそのマスター法

YouTube の動画を見て、堀尾研仁プロの GEARS を使ったスイング分析に興味を持った。自分のスイング像が客観的なデータとして明らかになる GEARS レッスンを一度受けてみたいと思っている。 muranaga-golf.hatenablog.com muranaga-golf.hatenablog.com そん…

何度も同じ練習に戻ってくる…。「右足ベタ足 → 右腰」をひたすら1時間半続ける

ゴルフスクールのコーチと一緒に、今年の末で営業を終了するデイスターゴルフクラブをまわり、コーチの目の前で初めて「80台」を出すことができた。その結果、 いいゲームをしていた ショットもアプローチもパットもよかった 最後のバーディーパットもよく決…

練習場とコースで何が違うのか?ラウンド中の映像を分析する

このところドライバーショットは「擦りスライス」となったり、アイアンも捕まらずに右にプッシュアウトしたりする。左肘が引けてフェースターンが不足しているというのが見立てだが、コーチに「ラウンド中のスイング映像を撮ってきてください」と言われる。…

全米オープンゴルフを観るべく、Golf Network+(ゴルフネットワーク プラス)に加入した

今年の全米オープンゴルフは、地上波や BS での放映はない。友人はスカパー!に加入して観ることにしたらしい。僕は、いつもスコア管理に使っていた Golf Network の有料会員、 Golf Network+(ゴルフネットワーク プラス)に加入することにした。「加入した…

YouTube ゴルフレッスン動画との付き合い方

このところコースに行くと、ショット(特にアイアン)のミート率がよくない。50-60ヤードのアプローチをミスする。これらについて、コーチにチェックしてもらった。 ショットは、バックスイングにエラーがある: 手を使って飛球線後方、つまり外にヘッドを引…

Jacobs 3D に基づくスイング練習器具 3D Swing Mentor は「うねり棒」の改良版?

ちょうど一年前、去年の連休中は、ゴルフスイングの科学的分析を行う Jacobs 3D(ジェイコブス 3D)ゴルフ理論にハマっていた。その後も日本のアンバサダーであるタスク・マツモト氏の YouTube チャンネル TASK GOLF を時折チェックしていたが、最近になって…

ふるさと納税で、SIM2 MAX-D ドライバーをリシャフトした

エースドライバーの GLOIRE F2 のヘッドが壊れる → SIM2 MAX-D ドライバーを買う → 重くて飛ばない → クラブメーカーのフィッティングを受ける。VENTUS 5S ? → シャフトメーカーのフィッティングを受ける。PLATINUM SPEEDER SPD3 SR。(← 今ココ) muranaga-…

トラックマン初体験!フジクラのフィッティングを受けて、最適の「軽硬」シャフトが見つかった

新しいドライバー SIM2 MAX-D の飛距離を伸ばすべくフィッティングしたら、ハードなスペックのフジクラ VENTUS 5S を勧められて、びっくりした。思い切り振っても左に行かないという思想らしいが、「こんな非力なシニア・ゴルファーに、シブコと同じスペック…

SIM2 MAX-D のドライバーショット映像:トップでの伸び上がりが抑えられつつある

先日のラウンドの朝の練習場で、SIM2 MAX-D のドライバーショットを後方から撮影してもらった。 www.youtube.com シャフトクロスは相変わらずだが、気にしない。SIM2 MAX-D が重い分、捕まえようという意識が働くのか、アウトからヘッドが入っている印象を受…

自分のスイング映像を分析:「シャフトクロス」になっているが、あえて「レイドオフ」にしなくてもよいらしい

「バックスイングで深く捻転して、ヘッドもいい位置から入ってくるようになった。左への突っ込みもなくなった」「当面、スイングのパーツは気にせずに、全体のバランスを取るように。その中でミスを感じ取るように」というアドバイスを、ゴルフスクールのコ…

GEARS を使った、堀尾研仁プロコーチによる中井学プロや US PGA ツアー選手のスイング分析が面白い

中井学プロがシニアツアーに挑戦するために、自分のスイングを改造しようと、堀尾研仁プロコーチを訪ねている。堀尾コーチは、GEARS を使って中井学プロのスイングを分析して、アドバイスを行う。GEARS によりスイングが丸裸にされ、それを US PGA ツアー選…

中井学プロが「シャローイング」「地面反力」「掌屈」など、流行りのキーワードについて、熱く語っている

昨年末に UUUM を退所した中井学プロが、今年から YouTube「中井学ゴルフチャンネル」を始めて、怒涛の勢いで動画をアップしている。相棒はプロテスト合格をめざす伊藤奨吾選手。この二人のスイングを見る眼や、技術論のレベルが高い。中井学プロの話に対し…

菅原大地プロ『最大効率「インパクト」で飛ばす!ゴルフスイング最強の教科書』には、応用編が書かれている

菅原大地プロの「最大効率スイング(サイコースイング)」について、『最大効率「インパクト」で飛ばす!ゴルフスイング最強の教科書』という3冊目の本が出た。 最大効率「インパクト」で飛ばす! ゴルフスイング最強の教科書作者:菅原 大地発売日: 2020/10…